盛岡中央高等学校の最新情報が満載!

留学生の声

It's a piece of cake.

太田ココミユキ 留学生の声 太田ココミユキ

 私は約1年間、アデレードのブラックウッドハイスクールへ語学留学に行ってきました。

 It is a piece of cake、自信を持てば全て楽勝。これは私のホストマザーがよく私に言っていた言葉です。この言葉の背景には何事も恐れずに自信を持って挑戦すれば目標達成ができるという意味があります。

 私は幼い頃に家庭の環境で海外には数年間暮らしたことがあり今でも長期休みには両親と海外へ訪れたりしています。中学の頃は弁論大会に出場し賞をいただいたり海外へ行くプログラムに積極的に参加していました。その中でいつしか短期間ではなく幼い頃のように海外に長期的に滞在し現地で通じる英語力を身に付けたいという思いが生まれました。

 ブラックウッドハイスクールはアットホームな学校で、近年アカデミック、芸術、スポーツ面の全てで名を上げてきた優秀校です。市内から郊外にはありますが、自然豊かなエリアにある学校です。会話は、始めは全てを綺麗に聞き取ることが困難でした。なので、理解できる単語だけでも聞き取るよう努力するようにしました。留学後期は、会話の全体的な意味を理解できるようになりました。

 オーストラリアは他民族、多文化国家でありアメリカなどの他の英語圏と異なり、立地条件からアジア諸国との密接な関わりを持ちヨーロッパとの共通の文化基盤を持っています。

 留学して、海外から日本を見て思ったことは、先進国でありながら日本にはまだまだグローバル化に適した考え方を持った人々が少ないということです。

 同等に世界と、きそい合って行くためにも、柔軟な考え方を持っていかなければいけない時代になったと感じます。

 留学を終えた今、「自信を持ち努力し続ける」「これから将来での人間関係につなげていく」そして「感謝の気持ちを忘れない」ようにしたいです。今後の目標は、英検2級取得やTOEIC700点以上取得、志望校への合格です。そしてなにより、これまで支えてくださった方々への恩返しをしていきたいと思います。

 1年間の留学を通して1番に感じたことは、この留学は自分の人生においてかけがえのない時間だったということです。私の進みたい道を応援し支えてくださった両親を始め先生方、現地のコーディネーターに深く感謝いたします。