盛岡中央高等学校の最新情報が満載!

留学生の声

The first path to the future

小野寺奏恵 留学生の声 小野寺奏恵

 私は一年間、オーストラリアのアデレードにあるグレナンガインターナショナルハイスクールに留学してきました。今回の留学は私にとって未知の体験で、この留学を通してとても成長できた年だと思います。

 留学前日まで「今から留学する」という実感が正直沸かなく、オーストラリアに着いてホストマザーに会って初めて海外に来たのだと感じました。現地の学校ではISECという留学生をサポートしてくれるようなクラスがあり、みんなの英語力が明らかに自分よりはるかに上でした。当時はクラスメイトにも話しかけられないくらい自分の英語に自信が持てず1学期目はほとんど日本人と一緒に過ごしていて、自分から英語を話す気になかなかなれず授業中も休み時間もほとんど日本語しか話していない状況でした。

 転機が訪れたのは2学期に入ってからの事で、仲の良かった日本人も数人帰国した後の事でした。ISECのクラスには日本の女子は私ともう一人の女子だけでお互い日本語しか話さないことに対して危機を感じていました。二人とも「このままではだめだ」「日本語しか話していないのに英語が上達するわけがない」と感じていてそれからはお互いに英語で話したり連絡するような努力を心がけたり、自分たちから積極的に行動するようになりました。その結果、初めは先生やクラスメイトに話しかけることさえ億劫だったのに2学期の後半には現地の友達も徐々に増え、先生とも会話が成り立つようになりました。

 3学期に入ってやっと現地のクラスに参加し、ISECのクラスにいた時とは比較にならない程不安を感じていました。最初の頃は先生や友達が話している英語もまったく聞き取れず、課題に書かれている英語ですら理解できませんでした。そんな時私が諦めずに毎日の授業を乗り越えられたのは、現地でできた友達のおかげでした。自分から行動しなければきっとオーストラリアにいる友達は作れなかったし、日本に帰りたくないと思うことはなかったでしょう。

 今回の留学を通して私が成長できたと思うところは「自分から積極的に行動して発言できるようになった」「失敗を恐れないようになった」「自立心が身に着いた」この3つです。これらの成長を今後の国際フォーラムや資格取得、大学受験におおいに生かしていきたいと思います。

 最後に今回の留学は自分の周りにいる保護者や先生方のサポートのおかげで、海外で勉強できる環境をいただいたので、今後も感謝を忘れずに日々精進していきたいと思います。