盛岡中央高等学校の最新情報が満載!

CHUO NEWS

2011ESD日米教員交流プログラム 日本教員米国派遣

ESD日米教員交流プログラムは、日米両国政府(文部科学省と米国国務省)の共同提案により、ESD(Education for Sustainable Development:持続発展教育)を共通のテーマとし、日米間で教員の相互交流、意見交換、共同研究を行うことにより、日米の教育交流とESDの推 進を図ることを目的として、平成21年度より実施されている事業です。

糸井先生が、本年度の日本教員米国派遣の一員に選抜され、4月23日から5月7日まで米国(ワシントンD.C.、バーモント州バーリントン市、カリフォルニア州サンフランシスコ市)を訪問し、米国の教育機関の視察や米国教員との合同会議に参加してきました。

20110607-1.jpg 20110607-2.jpg 20110607-3.jpg


カテゴリー:グローバル教育