盛岡中央高等学校の最新情報が満載!

CHUO NEWS

長治二中親善交流団来校の様子(5/9~5/11)

5月9日(水)~11日(金)の2泊3日、中国山西省の長治二中から、李茂華副校長以下教員3名、生徒7名、計10名の親善交流団が本校を訪れまし た。長治二中と本校は岩手山西会のご縁で、2004年4月に国際姉妹校の締結をしていますが、今回は約6年ぶり3度目の来盛となりました。しかし団長以下 全員が初来日ということもあり、短い期間でしたが、学校を挙げて大歓迎いたしました。

長治二中は日本の高等学校にあたり、生徒数約4000名のマンモス進学校。五千年の歴史がある山西省、千年の教育の歴史がある長治市の同校所在地 は、科挙制度の昔からの学問所。書家でもある李副校長の話では、毎年7名から9名の北京大学・清華大学合格者を輩出しますが、好調な今年の合格予想数は、 最大10~15名とのことでした。

一行は、教室などで生徒間異文化交流(折り紙・茶道体験)を行い、盛岡八幡宮、報恩寺(五百羅漢)などを見学、そして龍澤学館グループの日本語学科 へ長治二中からの留学生が学んでいることから、同科の留学生とも教育交流を行いました。北京大学卒業生の同科の章さん(東大大学院志望~茶道体験写真2列 目左端)も行動を共にして、通訳・説明役を果たしてくれました。

20120515-1.jpg 20120515-2.jpg 20120515-3.jpg


カテゴリー:グローバル教育  学校の様子