盛岡中央高等学校の最新情報が満載!

CHUO NEWS

サッカー部初優勝!全国大会へ~皆様のご声援、感謝申し上げます~

11月4日(日)に行われた第91回全国高校サッカー選手権県大会の決勝で、CHUOが接戦の末、見事専大北上高校を破り、悲願の岩手県制覇、そして全国大会への出場権を手にしました。おめでとうCHUOイレブン!!

 この試合に負ければ3年生にとっては最終戦となる決勝、「試合に出られない下村主将をこのまま終わらせない、主将を全国大会に連れて行く」を合言 葉に、チーム一丸となって、気合十分で臨みました。また、その選手たちを、生徒・職員合わせて1,100人の全校応援が全力で後押ししました。

 試合が始まると同時にCHUO選手は動きがよく、開始早々前半6分、得意のサイド攻撃からフォワードの岩田英嗣君が左足で合わせ先制(写真1)。 幸先のいいスタートで波に乗れるかと思われましたが、粘る専大北上高との一進一退の緊迫した展開が続き、なかなか追加点が奪えません。しかし、CHUO ディフェンス陣も集中を切らさず、相手の攻撃を次々跳ね返していきます。そして、いよいよ勝利かと思われた後半アディショナルタイム、一瞬のすきを突かれ 同点に追いつかれてしまいました(スコア:1対1)。延長戦に入り、疲労をもろともせず果敢に専大北上高ゴールを攻めますが勝負がつかず、とうとうPK戦 に突入。しかし、PK戦には強いCHUO、ゴールを守り続けてきたキーパーの久保拓海君は、PKに絶対の自信を持っていました。

 先行のCHUOは確実にゴールを決めていくのに対し、専大北上高の4人目のシュートをついにゴールキーパー久保君が阻止しました。最後は、プレッシャーのかかる中、熊谷心真君がきっちり決めてCHUOが熱い戦いを制すことができました(スコア:PK5-3、写真2)。

 スタンドで声をからして応援していた下村主将も、試合後グランドに降りチームの皆と合流し、初の全国選手権初出場の喜びを分かち合いました(写真3)。

 これまでチームを指導してきた小原祐一監督は、「会心の試合ではなかったが、苦しい中でよく接戦をものにしてくれた。決してうまくはないが、全国大会に行ってもいつものサッカーをするだけ、しっかり準備して初戦を大切にしたい」と語りました。

 全国大会は、各都道府県の予選を勝ち抜いた強豪と戦うことになります。しかし、どのチームが相手でも個性あふれるCHUOのサッカーは、全国レベ ルだと信じています。応援する生徒達も力の限り後押ししていきますので、選手たちには1試合でも多く戦ってほしいと思っています。

 日頃より本校にご支援をいただいている多くの方々、同窓生の皆さん、そして県民の皆さま、今後ともCHUOサッカー部に対してご協力とご支援をよろしくお願いします。

 なお、全国選手権大会は、11月19日に組み合わせ抽選会が行われ、12月30日に国立競技場(東京・千駄ヶ谷)で開幕となります。

20121109-1.jpg 20121109-2.jpg 20121109-3.jpg


カテゴリー:表彰  部活動報告