盛岡中央高等学校の最新情報が満載!

CHUO NEWS

全国高校スキーで表彰台

第62回全国高校スキー大会(スキーインターハイ)が、札幌市の競技場で2月5日から行われました。
 本校期待の1年生、小林陵侑君は3日目のジャンプに出場。3位と1.5点差(距離に換算すると0.75m)の僅差で5位に入賞しました。本人は「アプローチが踏み切れず、納得のいくジャンプではなかった」と振り返るも、雪による悪天候の中、1年生ながらしっかりと結果を出すことができました。
 また、翌日の第4日にはジャンプと距離の総合点で争われる複合に出場。地元北海道の3年生選手たちに堂々と割って入り、第3位で表彰台に立ちました。前 半のジャンプを3位で折り返し、後半の距離をスタート。吹雪の中懸命にストックを押すものの、後続選手に抜かれ一時は5位にまで順位を落としました。しかし、自分を抜いた選手をしっかりマークして上位2選手をもかわし、3位でフィニッシュ!上級生も含め全国のライバルを驚かす快走を見せてくれました。次年度はぜひ表彰台のテッペンを目指してほしいと思います。
 また陵侑君の姉で、同じ大会に出場した3年生の小林諭果さんも女子として公開競技のジャンプに出場し、2年連続の2位に入りました。諭果さんは先月チェコで行われた世界ジュニア選手権にも出場、アクシデントで結果は残せませんでしたが、大学進学も決まり、今後の活躍に更なる期待が高まります。
 これからも是非、CHUOのスキーにご注目ください。

20130220-1.jpg 20130220-2.jpg 20130220-3.jpg


カテゴリー:表彰  部活動報告