盛岡中央高等学校の最新情報が満載!

CHUO NEWS

インドネシア留学生来たる!

 本校の国際姉妹校であるインドネシアのSMAドウィワーナ高等学校の生徒9名が本校を訪れ、交流を深めました。
 交流期間は1月30日(水)から2月8日(金)までの10日間。ホストファミリー宅でホームステイをしながら、CHUO生と授業を受けたり、日本語研修 などのカリキュラムをこなしました。このほか、小岩井雪祭りやスケート体験といった雪国ならではの体験や日本文化である茶道体験をしました。今回ホームステイを受け入れてくれた1年生のMさんは、次のように感想を述べています。

 「今回留学生のホームステイを受け入れて、普段の生活ではできない貴重な体験をすることができました。イスラム教徒ということもあり、最初は不安もありました。豚肉を食べないことは学校で習っていたので知っていましたが、豚から抽出している可能性のあるお菓子も食べないという徹底ぶりには驚きました。また、ガールフレンドの写真を見せられて、なんとなく嬉しくなりました。短い期間でしたが、本当にいい経験になりました。私はこのような機会を与えてくださった盛岡中央高校と、インドネシアの生徒たちにとても感謝しています。」

 母国の平均気温が27.5℃の留学生にとっては、気候面で大変そうでしたが、日本の冬(雪)や文化に触れ、本校生徒とも多くの交流ができたようです。

20130213-1.jpg 20130213-2.jpg 20130213-3.jpg


カテゴリー:グローバル教育  学校の様子