盛岡中央高等学校の最新情報が満載!

CHUO NEWS

平成25年度卒業証書授与式実施

 待ち望んだ春の訪れを感じさせる天候にも恵まれた3月1日(土)、平成25年度卒業証書授与式を岩手県営武道館で行いました。厳粛な雰囲気の中、普通科270名、自動車工学科28名、情報処理科18名、計316名の生徒が、本校を巣立っていきました。

 校長式辞で富澤正一校長は、「人生の目標を定め、あきらめることなく実現のための努力を重ね、広い視点から自己を見直すことのできる人として、輝かしい人生を歩むことを期待しています」と語りかけました。

 続いて、龍澤正美理事長から、「一人の社会人としての責任を自覚し、本校で学んだ知識と精神をもとに、世界を舞台に活躍されるよう願っています」と激励のことばが述べられました。

 卒業生代表山澤広和前生徒会長は、「私たちは、入学直前に発生した未曾有の大震災により、埋めることのできない大きな喪失感を味わいました。しかし、私たちは自然や誰かを恨むことなく、この現実を一人ひとりが背負っていくべき課題と受け止め、この震災を教訓として前に進んで行かなければならないと思います。これから私たちは、それぞれ歩む道は違いますが、この3年間で学んだ知識・経験・精神を生かし、支えてくれている家族や周囲の方々への感謝を忘れず、どんな困難も乗り越えていく決意を固めています」と、力強く述べていました。

 卒業生の皆さんの活躍と、これからの人生がさらに幸多く輝かしいものであるよう祈念しています。

2014sotsugyo01.jpg 2014sotsugyo02.jpg

2014sotsugyo03.jpg 2014sotsugyo04.jpg


カテゴリー:学校の様子  行事