盛岡中央高等学校の最新情報が満載!

CHUO NEWS

第12回岩手県高校ユネスコ研究大会に参加しました

 1月22日から23日にかけて、平成27年度岩手県国際交流活動研修会、並びに、第12回岩手県高校ユネスコ研究大会に、本校1SZから7名、2Z1から6名、計13名が参加して参りました。 本大会は、「平和を学び ともに生きる未来を創る」というテーマのもと、「異文化理解」、「環境」、「平和」、「難民」、「人権」の5つの分科会に分かれて、今日的課題について学び、地球市民として全世界の人々が平和の裡に共存するためにできることは何かを話し合い、考える大会です。 県内からおよそ130名が集まり、この課題解決に向け話し合い、その解決方法を発表しました。 本校生徒は、積極的に話し合いに参加し、平和とは何か、どうしたら平和になるのかなど、他校生徒の考え方に触れながら自分たちの考えを深めていました。それぞれの分科会で、ファシリテーターと呼ばれる進行役の先生方からのアドバイスや講義を聞きながら、「平和」について深く、そして広く考えをめぐらしており、本校生徒はじめ、多くの生徒が大変良い評価を受けておりました。 偏見や固定観念からの脱却も必要な本大会では、分科会での話し合い以外にも、学習交流会でそのトレーニングも行われました。柔軟な思考力が必要でしたが、活躍している生徒たちを見て、本校での国際交流活動をはじめとする様々な活動が活きているのではないかと思いました。

 生徒たちは、今後の学習や活動にも活かすことができる、大変貴重な時間を過ごしておりました。

ユネスコ1.jpg ユネスコ2.jpg


カテゴリー: