エクセルシア盛岡中央高校デジタルブック
100/174

SGH海外フィールドワークSGH海外フィールドワーク農業協同研究フィールドワーク in タイ2016年度特進コース第2学年2016.12.3-12.11Collaborative Research about AgricultureOur school was named an associate Super Global High School by the Ministry of Education, and we are doing research about agriculture in Iwate.Specifically, we are doing research about whether we can solve agricultural problems in Iwate using business models. Before this trip, we studied about the history and characteristics of agriculture in Iwate. We then went to Thailand for 9 days and did field work with students from our sister school, Bangkok Christian College, to learn about agriculture in ailand, and to compare how farms are run in ailand and Iwate, Japan. We learned about how ai rice is grown, harvested, and transported. The rice fields that we saw there were very big, and the farmers were using machines for planting and harvesting the rice. When the rice was shipped, they were very careful about cleanliness, and they did many quality checks. Thai rice is shipped around the world, and the factories where the rice is processed are huge and remind me of car factories in Japan. I thought that Japan was the most advanced country when it comes to rice production, but seeing the rice industry in ailand shook my pre-conceived notions about this. We also gave a presentation for the students about the results of our research so far, and had a discussion about Japanese agriculture. e ai students were very interested in Japanese agriculture, and it was a lively discussion.Next, the ai students in our group will come to Japan and give a presentation about Thai agriculture and how to develop it as a business. I want to continue to supervise this research and help the students do their best. 本校は文部科学省からスーパー・グローバル・ハイスクール(SGH)アソシエイト校として認定され、岩手県の一次産業を課題研究のテーマとしている。 そのなかでも我々は、岩手の農業課題をビジネスにて克服することができないかという視点で研究をすすめている。これまでに、岩手県の農業の歴史、岩手県の農業の特徴などを調べまとめた。そして今回、農業課題について協同研究をしており、本校姉妹校でもあるBangkok Christian College(タイ:バンコク)の生徒とタイの農業について知り、日本や岩手の農業経営との比較検討を行うべく9日間の海外フィールドワークを実施することとなった。 フィールドワークにおいては、タイの米がどのように栽培されているのか、それがどのように商品化され出荷されていくのかということを知り、学ぶことができた。私たちが見学させていただいた田んぼは非常に広大であり、苗の栽培や田植え、収穫など様々な場面で機械化が進んでいる様子を見ることができた。また、出荷に際しては、様々な衛生管理や基準のもと検査にかけられて出荷される様子を見ることができた。国内のみならず、広く世界に輸出されているタイ米とそれを支える工場は非常に広大で、大規模かつあらゆる場面で機械によるオートメーション化が進んでおり、日本における自動車工場を彷彿とさせるものだった。米といえば日本で、日本があらゆる場面において先進的であるという勝手な固定概念を揺るがされるものであった。 また、協同研究現地グループの生徒に対して、これまでの研究の内容をプレゼンテーションし、日本の農業についてディスカッションした。タイの生徒も日本の農業については関心が高く、活発な意見交換をすることができた。 今後はタイの研究グループが日本に来日し、タイの農業についてのプレゼンテーションを行うとともに、ビジネス展開に向けた方向性について示し話し合い、研究内容を深める予定である。今回のフィールドワークの成果をより充実したものにするべく、今後も研究を見守りたいと考えている。指導教諭 本間 崇朗Takaaki Homma : TeacherSuper Global High School Fieldwork in Oversea CountriesEXCELSIOR vol.1898

元のページ  ../index.html#100

このブックを見る