エクセルシア盛岡中央高校デジタルブック
115/174

き会話できる嬉しさを覚えると、いいスタートを切れることができ、とにかく初めは全てが新しい体験で楽しかったです。 中期になるとオーストラリアの生活もだいぶ慣れて、日本で過ごすのと変わらないくらい快適でしたが、同時に怠けていた自分がいたので先生から注意されることも多々ありました。が、他の生徒に負けたくないという気持ちもが強くあったので、いつも自分に努力することを言い聞かせていました。ターム終わりになるとイベントも多く、授業の課題やテストが同時に出るので、いつも体調を崩し、ハードな生活も続くことがありました。 後期のことは今では最後のひと月のことしか覚えていません。オーストラリアでの生活も残り少ないと気がつき、やり残したことはないか、英語は本当に上達したのかと考えるようになり、留学するときよりも逆に日本に帰ってからのことの方が不安で帰りたくなっかったです。最後のテストは悔いのないように頑張り、留学の前期と中期と受けたIELTSのテスト結果も伸びていたので成長を実感することができました。 Davidson high schoolには海外からの留学生が多く、アジアやアメリカ、ヨーロッパから来ている子がいました。生徒たちはいろんな選択教科から選び、自分たちで授業を作り、休み時間も十分にあります。オーストラリアの学校は先生と生徒との距離が近く、友達のように接してくださり、先生方は生徒のことをよく考えてくれます。ICETでは校内の活動だけではなく、他校に訪問し日本語や文化を教えるという機会がたくさんあり、多くの人たちと関わることができました。また、キャンベラ、カウラ、ケアンズにICETの皆で行き、世界大戦や先住民のアボリジニの歴史などを学ぶと同時に、良い思い出を作ることができました。 この留学で自分は大きく変わったと思います。異国の地で、異国の人と生活することにより、挑戦する力、実行力や忍耐力、ぶれない考え方など、様々な自信がつきました。唯一日本語で受けるCAPDのクラスでは自分自身を深く知ることができたり、今世界で起こっている問題など、よく考えさせられました。これらの授業によって、私は大きく変化できたような気がします。 今後の目標は来月の英検2級を合格し、卒業までにTOEIC800点以上、英検準1級を目指しています。もちろん、IELTSやTOEFLなどにも挑戦していきたいです。 最後に、この留学準備や生活を支えてくれた家族、先生方、関わってくれた全員に感謝しています。ありがとうございました。other hand, Australian lessons are of an active learning style, so it is extremely dicult to communicate with natives in English. One thing that bothered me was making friends, because some Australian people do not like Asian peo-ple and they don’t want to talk with people who can not speak English well. I tried to make friends through playing sports, be-cause I like it very much. e end of term 1, I could make new friends and enjoy conversation with them. Anyway, I was really happy to have a good start to my year and lots of new experi-ences. In the middle of my Australian life, I got used to living in Austra-lia and felt comfortable. Sometimes the teachers warned about my behavior since I was lazy, but I did not want to feel inferior to other students so I always told myself to work hard. There were tons of things to do at at the end of every terms, such as events, assessment and tests. It was very hard for me and I got sick every time.I do not remember term 3 and 4 clearly now. At that time, I real-ized I had only a couple of months left and thought : is there anything that I have not done yet, and has my English improved. I really did not go back to Japan, because I really worried more about going back to Japan than about going to Australia. I tried hard to get high marks on my last tests. My IELTS scores were higher than before, and it shows my improvement.There are many international students from overseas at David-son High school. Students can choose elective subjects and make their own timetable. ey have recess and lunchtime, so they can refresh. In Australian schools, teachers and students have a good relationship. ey are very close, and teachers treat us like friends. We did a lot of activities. We had opportuni-ties to teach Japanese culture to Australian students and we en-joyed it. We also visited Canberra, Cowra and Cairns to learn about history and Aboriginal culture. We had a lot of fun. Through this experience, I gained confidence, patience and the ability to get things done. I could also nd myself. All ICET stu-dents had CAPD classes and learned about morality, psy-chological things, and problems which are happening in the world right now. It made us think deeply. Thanks to this, we changed greatly.Next, I want to pass level 2 of the English test and I will work hard to get over 800 points on TOEIC and pass pre1 of the English test before I graduate. Finally, I really appreciate all of the people who supported me. ank you so much.EXCELSIOR vol.18113

元のページ  ../index.html#115

このブックを見る