エクセルシア盛岡中央高校デジタルブック
122/174

a few weeks because I was only with Japanese friends. As a consequence, I could not improve my English in term 1. I worried about my friendship with the international students. I tried to communicate with students from other countries students from term 2. Then I could enjoy spending lunch time together, and I also could hang out with many friends. Sometimes, we talked about private aairs, like girl’s talk.I joined main stream and went to regular classes from term 2. Main stream was very hard for me, and it was really different from ISEC. For example, the speed people spoke English, the amount of assignments and the students. I struggled to understand what people were talking about, so I was behind in my work. e teacher said “if you do not know what to do, just ask some students”, but before I asked, some students helped me. I was helped by other students many times. I have a lot of things to thank them for. From this term, I made an Australian friend who I can tell any of my feelings to. I could hang out with her a few times. She always made me laugh. She is younger than me, but she is a very reliable girl so she helped me a lot. She is a lovely friend. e last term, I did not have much trouble with English. When I talked with Japanese friends, we spoke in English. We grew up as people more than term 1. I really did not want to go back to Japan because I was really enjoying spending time with Australian people.I joined a local volleyball club in Adelaide. When I went to Adelaide, I did not expect that I would be able to join a volleyball club. I had a lot of fun playing volleyball. When I went to training for the first time, there were no international students. I think it was rare for international students to join 通じてISECという留学生だけのクラスのクラスメイトと仲良くなることができました。休み時間はやはり日本人同士で固まってしまうことが多く、日本語だけを話す日々が続きました。そのため1ターム目は自分の英語力の向上は見られず、人間関係に少し悩む日もありました。そのこともあって2ターム目からは、国は関係なくみんなとコミュニケーションを取る努力をしました。それによって、休み時間に一緒にいられるようになったり、休日に遊びに行ったり、深い話もできるようになりました。メインのクラスに入って現地の生徒と一緒に授業を受けると、メインクラスはISECとは全く違って、先生の話すスピードや課題の量、友達作りなど難しいことがたくさんありました。理解することに精一杯で作業が同時にできず、遅れを取ってしまうこともありました。「分からないことがあったら現地の子に聞きなさい」という先生が多いのですが、私たちが聞く前に声をかけてくれる生徒もたくさんいて、何度その生徒たちに助けられたか分かりません。このタームから、自分の気持ちを何でも話せ、相談できる現地の友達ができました。彼女とは、休日に遊びに行ったりするようになりました。彼女は私よりも1つ下ですがしっかりしていて、何度も助けてもらいました。私にとって本当に大切な友達です。最後のタームでは聞き取りが楽になり、特に困ることもなくなって、日本人同士の英語での会話も定着していました。ただひたすら帰りたくないという気持ちばかりが募っていきました。ホストファミリーとも友達とも、とても充実した日々を送りました。 私はアデレードで学校とは関係のないバレーボールチームに所属しました。アデレードでもバレーができるとは思っていなかったのでとても楽しかったです。初めての練習参加の日、周りは現地の人だけで留学生はもちろん1人もいませんでした。クラブチームの人にとっても留学生がそのクラブに入るのは珍しく、アウェー感をとても感じ、何度も辞めたいと思いました。ですが、ウィンターシーズンのチームとして私が加わったチームの人たちはとても優しくて、とても楽しくゲームに参加することができました。サマーシーズンは男女混合のチームに入りました。このチームメイトが残りの3カ月で私にとってこの留学で一番大きな存在となりました。彼らはいつも私に優しくて、いつも笑わせてくれて、私の正確ではない英語の話を最後までちゃんと聞いてくれました。嫌なことがあっても毎回面白いことを言って忘れさせてくれまEXCELSIOR vol.18120

元のページ  ../index.html#122

このブックを見る