エクセルシア盛岡中央高校デジタルブック
133/174

【安山江西高校の皆様よりのコメント】■盛岡中央高校の印象について 「盛岡は歴史を感じられる静かできれいな街という印象を持ちました。そんな、教育活動が盛んである盛岡の中で、中央高校は明るくて素直な生徒達の姿が印象的でした。先生方の教育への情熱も感じられます。そういった素地となる理事長及び校長先生の未来に目を向けた教育観に尊敬の意を表します」。 平成28年12月14日(水)、韓国より学校法人江西学園の朴昌玉理事長をはじめ4名の方々をお迎えし、本校体育館において、安山江西高等学校との姉妹校締結式が行われました。最初に龍澤理事長から姉妹校歓迎の挨拶が述べられ、「両校の交流を通し韓国の歴史や文化を勉強することにより、日韓両国の草の根教育交流を盛り上げていただきたい」とお話しされました。続いて朴理事長からお言葉をいただき、「両校の友好を深めたい」といったお言葉を生徒にかけていました。 締結書交換、記念品交換の後、この締結式のために制作していただいた屏風一双の漢詩について金裕赫理事よりご高説を承り、生徒たちは感銘を受けていました。(編集部 小西 周平)■今後の姉妹校としての取り組みについて 「これからのグローバル化の中で、特に日本と韓国は隣国としてより親しく交流していかなければなりません。その意味で貴校との交流に本校一同、期待しています。フォーラムや姉妹校訪問はもちろんのこと、1年間の交換留学や、本校の日本国際交流クラブと何か一緒に活動ができたらいいと考えています。何卒、これからの両校の交流についてよろしくお願い致します」。安山江西高等学校 締結式ANSAN GANGSEO High School South Korea韓国(京畿道安山市)新姉妹校紹介安山江西高校より贈られた記念の大屏風の前で▲(左から)韓日友好協議会会長 安長江先生、壇國大學校終身名譽教授兼碩座教授 金裕赫先生、学校法人江西学園安山江西高等学校理事長 朴昌玉先生EXCELSIOR vol.18131

元のページ  ../index.html#133

このブックを見る