盛岡中央高等学校の最新情報が満載!

CHUO国際教育フォーラム

平成28年8月28日(日)、盛岡市民文化ホール(マリオス)にて、本校国際姉妹校である世界16の国と地域からの来校者、および国内招待として沖縄尚学高校、岡山学芸高校の生徒と教員を含む、約1300人の参加のもと、第18回CHUO国際教育フォーラムを実施しました。

10時より開始された午前の部では、富澤校長、フォーラム実行委員長からのあいさつに続き、復旦大学付属高校(中国・上海市) 呉堅校長より『グローバル教育への提言』という演題で基調講演をいただきました。内容としては、「教育は未来を創造する上での要因であるばかりでなく、人間社会すべての基盤でもあります。今日の教育がなければ、明日の社会は荒涼とした無意味なものになります。われわれの努力を結集し、明日のためにその成果に期待しましょう」と参加者すべてに呼びかけるものでした。詳しくは、後日、「エクセルシア第18号」上に全文を掲載いたします。

その後、姉妹校の生徒と本校生徒が、"Creating a Sustainable Society" -持続可能な社会をつくろう- というテーマに基づき、新エネルギー、防災、エコツーリズム、世界遺産の4つのチームに分かれて研究発表を行いました。本校生徒たちは姉妹校生徒たちと協力して、パワーポイントを駆使した参加者の関心を喚起するような、工夫を凝らした発表が繰り広げられました。

午後の部は、世界各国の伝統芸能や学校紹介などのパフォーマンスが披露されました。フィナーレは、全員が参加してフォーラムの歌を合唱し、大きな感動の中で第18回CHUO国際教育フォーラムは幕を閉じました。

今回のフォーラムの様子を今後HP上のフォトギャラリーや国際教育ページ、エクセルシア第18号などでお知らせしていきます。どうかご期待ください。

第18回CHUO国際教育フォーラム

フォトギャラリーはこちら

EXCELSIOR<エクセルシア>

「CHUO国際教育フォーラム・国際人育成プログラム」をまとめた冊子です。国際姉妹校の声やフォーラムのフォトダイジェスト、帰国報告会など幅広い内容を掲載しています。

こちらからe-Book版が閲覧できます。