盛岡中央高等学校の最新情報が満載!

国際姉妹校 友好交流団報告(2014)

SMAドウィワーナ高校(インドネシア・ボゴール市)訪問

[引率者記]
平成26年10月3日から12日まで、インドネシアの首都ジャカルタから約50km南方のボゴール市にある本校の国際姉妹校であるSMAドウィワーナ高校を、引率者1名、生徒3名で訪問してきました。同校はイスラム教の教えを実践する、広大な敷地の中にモスク(イスラム教の礼拝施設)や寮も完備した全寮制の高校です。 私たちはその寮で7日間過ごし、イスラム教徒としての生活を体験してきました。一日の始まりは朝4時に流れる礼拝を呼びかける放送からです。 夜明け前の暗く肌寒い中モスクに向かい身を清めた後礼拝を行います。その後、シャワー、朝食、着替え、部屋の整理などをして7時の全校朝礼から学校生活が始まります。 礼拝は日に5回行われますが、言葉が分からない私たちでも厳粛な空気に包まれ、心の平穏を得ることができました。 宗教によって生活が律されるという環境のもと、生徒たちはカルチャーショックを受けながらも異文化を体感し、相互理解を深めることができたのではないかと思います。

INA01.jpg INA02.jpg INA03.jpg

国際言語学校(ロシア・ウラジオストク市)訪問

[引率者記]
平成26年10月11~18日にロシア・ウラジオストクの姉妹校「International Linguistic School(国際言語学校)」に代表生徒3名と訪問してきました。 姉妹校の授業は、すべて少人数制(10名程度)で行われています。 ロシア語の授業より第1外国語の英語の授業が多いので、生徒の英語力は非常に高く、海外の大学進学を希望する生徒も多いそうです。 今回の訪問プログラムで、ロシア語、音楽、アート、ダンスなどの授業体験やバレエ「Swan Lake」の観劇を通じ、繊細で美しい、伝統あるロシア文化に触れることができました。 ロシア人は優しく親日的で、ホームステイ先でも大変温かく家族のように接していただきました。 ロシア文化に触れ、新たな発見をし、それぞれの成長につながる貴重な1週間でした。

RUS02.jpg RUS03.jpg RUS01.jpg RUS04.jpg

ラヤマキ中学・高校(フィンランド・ヌルミヤルヴィ地区)訪問

[引率者記]
平成26年12月6日(土)より12月16日(火)までの11日間、生徒4名と引率教員1名の計5名が、フィンランド南部、ヌルミヤルヴィ地区にある国際姉妹校を訪問して来ました。北緯60度を超えるこの地域の冬は、夜明けが午前9時ごろで、午後3時には日暮れとなり、日中でも空は雪雲に覆われているという北欧特有の気候になります。ところが、訪問時は雪がほとんど降らず、気温も盛岡よりも暖かく、厳冬の気候を覚悟していた生徒たちは、やや安堵している様子でした。  参加した生徒4名は、姉妹校での授業やホームステイで交流を深め、さらに、それぞれフィンランドの「教育」「医療」「福祉」「音楽」をテーマにした探究活動を行いました。特に、世界一の学力を有していると言われる教育に関しては、ヌルミヤルヴィ地区の教育長から直接、フィンランドの教育政策に関する説明を受ける機会に恵まれました。  姉妹校生徒とともに楽しんだクリスマスパーティやクリスマスマーケットなど、たくさんの思い出を胸に抱き、帰国しました。この訪問により、本校とラヤマキ中学・高校の交流が深まり、参加した生徒が国際的な視野を持ってそれぞれの進路を選択する一助となるよう期待しています。

FIN01.jpg FIN03.jpg FIN02.jpg FIN04.jpg

ブランシュ・ド・カスティーユ高校(フランス・ヴェルサイユ市)訪問

[引率者記]
平成26年12月7日~16日、フランスのヴェルサイユ市にある姉妹校ブランシュ・ド・カスティーを訪問してきました。パリから電車で1時間、全校生徒2000人以上の高校では、授業参加と茶道や盛岡さんさ踊り、日本のアニメについてプレゼンテーションなどで交流しました。現地の高校生は日本について興味津々な様子で、終了後は日仏間で多くの質問が飛び交い、大いに盛り上がりました。同じ第二言語同志である、英語の運用は比較的スムーズにできたようです。生徒たちはホームステイでフランスの生活や食文化の多様性、社交的で自由なフランス人の気質を肌で感じたようです。日本に対する印象については、日本食、アニメ、ヤマハのバイク、ピアノ、と中高年の観光客のイメージが強い様子でした。12月の雨の多い寒い時期でしたが、学校は活気があり皆温かかったです。世界遺産や歴史的な建造物のすぐそばに学校があるということで、ヴェルサイユ宮殿内の見学や敷地の散策、パリ歩き、美術館見学など、フランスの歴史と芸術に触れた貴重な体験が出来ました。

FRA01.jpg FRA02.jpg FRA03.jpg FRA04.jpg