盛岡中央高等学校の最新情報が満載!

国際姉妹校 友好交流団報告(SGH2015)

SMAドウィワーナ高校(インドネシア・ボゴール市)訪問

【引率者記】

 平成27年10月1日(木)より10月12日(月)までインドネシアSMAドゥイワーナ高校にて、5名の1年生とともにSGHグローバル派遣プロジェクトを行った。

 生徒はそれぞれ「医療」「宗教」「教育」「食」「スポーツ」の個人テーマを掲げ、同世代の高校生がどのように考えているのかを知るために、英語で質問を10個用意していった。寮生活の中でルームメイトに質問をしたり、またプレゼンテーション発表の際に質問をし、ドゥイワーナ高校の生徒の考えを知ることができた。

 また、ボゴール市教育事務所・ボゴール農業大学の訪問やボゴール・ジャカルタ市内の見学を通じて、インドネシアの現状に触れ、様々な課題を直に感じることができた。

 インドネシアはアジア最大のイスラム教国家であり、日本とは全く違う文化に触れることができた。朝4時に起きモスクに行くのは大変だったが、イスラム教徒がどのように過ごしているのかを体験することができた。日本ではとかく過激派の事件が話題とされるが、インドネシアではさまざまな地域・文化からなる他民族国家であるからか、多様性に寛容なように感じた。イスラム教徒はどのように生きるべきかについてが明確であり、厳格に見えるイスラムの教えも生きるための指針と捉えていることがわかった。

sgh2015_1.jpg sgh2015_2.jpg sgh2015_3.jpg sgh2015_4.jpg